ひとりごと

アラフォーからアラフィフへ片足突っ込んだ独身40女。
未だ1人で生きて行くことに腹をくくれないこじらせ女のひとりごと。

ジェットコースターな1日

今日はお休みをもらった。

今週は、どうにもこうにもテンションが上がらず、常にネガティブな気持ちで仕事してた。

何をやっても楽しくないし、積み重なる仕事の山に、なんで私ばっかり…な被害者意識まで。

これは、休まないとヤバイな。と思った。


午前中は良かった。

彼からは何度か電話があったけど、のんびりしてた。

気持ちはのんびり、ウキウキだった。

午後になり、近くのショッピングモールへ買い物がてら、お昼を食べていると上司から電話。

いつもなら気にならない上司の冗談がイラつく。

Nancyさんが休むから、みんな困ってるよ。

冗談でも言ってほしくなかった。

テンション、ダダ下がり。

その後も何度か電話。

今日じゃなきゃダメなんだろうか?と疑問を感じる。

せっかくのご飯も食べた気しない。


実は今年に入って、仕事辞めたい病がMAX。

常に、こんなんでいいの?と自問自答を繰り返している。

自分だけが忙しい訳じゃないのはわかっているし、休みも取れず、頑張ってる人がいるのも知ってる。

でもね…私はツライ。

残業すれば、給料は増えるけど、そういうことじゃないんだよ。


と思いながら、ショッピングモールをフラフラ歩いてると占いの文字が飛び込んできた。

とりあえず、占ってもらう。

仕事運と言った瞬間に、辞めたいんでしょ?と…話を聞いて納得しました。

今年はどうしてもツライ時期なんだとか。

だから、辞めたいと思っても不思議じゃないそうだ。

まぁ、バイオリズムだね。

ちょっとスッキリしたけれど、またもや帰る途中で上司から電話。

会議の資料を月曜日の早い時間に作れだとさ。


なんか、意味わからないけど涙が止まらない。

泣いてる私を見て、彼も困惑。

だよねー。

彼には申し訳ないことしちゃったかなぁ…

侵される

今日はお休み。

彼を5:30に送り出し、再び布団の中へ。


9:00頃起きてメダカの水槽のコケや藻の掃除。

日が短くなったので、朝のエサやりは私の担当で、出勤前にコケや藻の掃除はちょこちょこやってはいたのだけれど、時間がなくてずっと消化不良でした。

でも、今日は思う存分できました。

全部取るのも、あまり良くないようなので、程々に…

メダカなんて、本当に興味なかったのに、いたらいたで愛着が湧くものなのねぇ…

メダカの教科書なる本もAmazonで頼んじゃったよ。

いつまで続く?

毎週、お休みは彼に連れられ、めだか屋さん巡り。

先日の愛好会のイベントで知り合っためだか屋さんへ2週連続で行ってます。

ご自分で交配、新種の開発なども行なっている方なので、本当に詳しい。

1を聞くと10以上の答えが返ってくる。

あまり興味のない私も、つい聞いてしまう。

お店を手伝う奥様も、とても詳しい。

そして、とても気さくで話しやすい。

聞いてるだけで、勉強になるし、人柄の良さが伝わって来ます。

ネットの情報を漁っては、いいとこ取りで育てようとしていた彼が得た情報とは、全く逆の答えだったりで、彼はガッカリしておりました。

店主曰く、ネットの情報はあくまで参考程度にした方が良いとのこと。

たまたま、うまくいった育て方を紹介しているだけ。とのこと。

他にも、へぇ…ほぉ…という話を聞いて帰宅。

今日も勉強になりました。

できる範囲で頑張って繁殖させよう!ということになりました。

いつまで続く?

週末のめだかデート…


めだか屋さん帰りにハラダのラスクを購入。

ホワイトチョコレートでコーティングされたラスクは明日からの発売でした。

最近は、ワインに合うラスクとかいろいろ出てるようです。

ポルチーニ、トリュフが入ったラスク。

彼はダメみたいだけど、私は好き。


ラスクのレーズンバターサンド

ラスクが固くて…

やっぱり、バターサンドは六花亭ね。