ひとりごと

アラフォーからアラフィフへ片足突っ込んだ独身40女。
未だ1人で生きて行くことに腹をくくれないこじらせ女のひとりごと。

近況報告

しばらくぶりの更新です。

研修後、溜まった仕事の片付けと、新たな仕事でいっぱいいっぱいのNancyです。


去年同様、今年もまた、面倒くさい仕事がやって来ました。

どうやら、会社上げての一大プロジェクトのようです。

去年、急遽振られた仕事よりデカイです。

毎回、各部門のお偉いさんが集まっての会議に出なければならず…


なんなんでしょうねぇ…

私と同じ役職付いてる方はメンバーではあっても重要な役どころから外れてるって…

まぁ、持病があるので仕方ないけど、治す気あるのかな?と疑問に思える。

持病の悪化で突然休むこと(彼メインの重要な会議の日)も多いので、上司も任せられない。っていうのもあるんだろうけどね。


おかげで、去年から良くも悪くも各部署のお偉いさんに顔を売ってる私。

やり切れれば株は上がるだろうが、できなかった場合が怖い。


まぁ、今から出来ないことを考えるより、どうしたらやり切れるか考えよう。

私だけでやらなきゃいけないわけじゃないから、今の状況を楽しむくらいの気持ちで臨みましょ♪


気を付けなきゃいけないこと!

仕事頑張り過ぎて、カレに愛想尽かされないこと。

なんということでしょう

金曜日、2泊3日の研修から帰宅。

玄関を開けた瞬間、しばしフリーズ。

何?このダンボール!?

奥から「お帰り」の声が聞こえるが、スルー。

部屋に入り、何アレ?

と聞くも笑ってゴマかすカレ。

とりあえず、カレに仕事の話を聞いて疲れてるのと、翌日も仕事のカレにおにぎり作るため就寝。

翌朝、おにぎり作って、社用車に乗って帰宅してするため、カレの会社へ。

帰宅して、改めて部屋を見る。


なんということでしょう!



水槽が増えてる…

玄関のダンボールは、この水槽が入ってたのか…



ベランダには




稚魚たち。


布団干せないじゃん!

そして、人間の生活圏が侵されていく…


メダカの家賃と生活費…徴収ですな。

被る男

注)ヅラの話じゃないです。


今のカレ(以下T)と付き合い始めてすぐの頃、足のマッサージをさせられた。

前のカレ(以下K)にも足のマッサージをさせられた。Kは夜中、私が寝てるにも関わらず、布団にやって来てはマッサージを強要された。

堪り兼ねた私は、ツボ押し棒を渡した。

そしたらKは自分でするようになった。

Tにも渡したけど、自分じゃやらない。

でも、寝てるとこを起こされることはない。


Kには足の爪も切らされた。

Tにも足の爪を切らされた。

男はみんな切って貰ってるというから、ウソは承知の上で友達に聞いてみた。


私:ダンナの足の爪って切ってあげてる?

友達:切るわけないじゃん!


だよねぇ…


私:ダンナって、○○の前でオナラする?

友達:そういえば、しない。


聞いた既婚者4人が4人ともダンナのオナラを聞いたことがないと答えた。


KもTも普通にする。

オナラは別にいいけどさ…

他にもKとTは被るとこ多くて、たまに前にも似たような事が…と思うことが多々ある。


結局、そういうタイプが好きなだけなんだとも思うけど、さすがに、今回、Tが再就職した場所がM市とはね…

M市は、Kが私の家を出て行ったあと、私と週1で会いながら、別の女と暮らしてた土地。

しかも、番地が違うだけで字まで一緒って…

何の因果なんだろう?

TとKは違うということを知らせるためなんだろうか?