ひとりごと

アラフォーからアラフィフへ片足突っ込んだ独身40女。
未だ1人で生きて行くことに腹をくくれないこじらせ女のひとりごと。

連鎖

今日実家に行くと母親がアタフタ。

聞くと、本家のおじさんにお迎えが来ていて、あと2、3日だという。

既におばさんは亡くなっていて、残った娘さんが、うちに頼って来た。

もともと心臓に持病があり、入退院を繰り返していて、8月の終わりに入院した時点で、あと数日と言われながらも保っていたので、おかしくはない…むしろ、よく頑張ったな。という感じではあるが、うちの父親が亡くなったばかりで、また…というのが、祖父母が亡くなったときのことを思い出される。


祖父は、心臓発作で亡くなったのだけど、火葬場とかお坊さんの都合とかで、友引に葬儀を上げざるを得なくて、友引に葬儀を上げたのだけれど…

祖父の葬儀から1週間ほどで、裏の家のお爺さんが亡くなり…それから2ヶ月間の間に近所のお爺さん、お婆さんが次々亡くなり、最後は祖母が亡くなった。

周りからは、友引に葬式なんか上げるから…みたいなことを言われたこともあった。

まぁ、家の中でも近所の仲間を連れて行って、最後は婆さん連れて行っちゃった。なんて、話もしてたんだけど、まさか、父もそうじゃないよね?

おじさんとは、そんなに仲が良かったわけじゃないし、もともと先に具合が悪かったのはおじさんの方で…

往生際の悪いおじさんを父が先に逝って待っててあげてると思いたい。

お願いだから、まだお母さんは連れて行かないで。