ひとりごと

アラフォーからアラフィフへ片足突っ込んだ独身40女。
未だ1人で生きて行くことに腹をくくれないこじらせ女のひとりごと。

育った環境

私には義姉が2人いる。

義姉同士は同じ歳。

一番上の義姉は、同じ市内で古い大きな家で育った人。

うちと比較的に同じような環境で育った人。

2番目の義姉は、隣の市で、どちらかというと核家族のような環境で育った人。


今回、お盆で実家に帰った際、たまたま2番目の兄夫婦と一緒になった。

実家に来て、兄は当たり前のように仏壇に向かい、御線香をあげるが、義姉は帰るまであげることはなかった。

確かにウチの仏壇に入っている人とは面識がないとはいえ、なんか、モヤモヤ。

一番上の義姉は普通にあげてるので…


ウチの親が言うには、育った環境が違うから仕方ない。らしい。

2番目の義姉の家は、父親が亡くなっても仏壇も用意しなければ、御線香もあげないそうだ。


生まれた時から当たり前に仏壇があり、祖父母が生きている頃から当たり前に墓参りに行き、御線香をあげていた私には、不思議に思えてしまった。


そう言えば、私の友人にもいたな…

彼女の場合は、ちょっと方向性が違う気がしないでもないが…