ひとりごと

アラフォーからアラフィフへ片足突っ込んだ独身40女。
未だ1人で生きて行くことに腹をくくれないこじらせ女のひとりごと。

告白

今日から夏休み。

とは言っても、今年は父の新盆なので13、14日は実家に行って、おさんどん。


先週、実家に行ったとき、母親に彼氏が出来たことを報告。

この先どうなるかなんてわからないし、前のカレのことで家族には心配掛けてしまったので、話すつもりはなかったのだけど、彼が私のことを彼の親に話していたり、彼が仕事で私の家族の知り合いに会い、私と付き合ってることを話したりしているので、バレるのは時間の問題。

他人から聞くより、私が話した方が良いだろうと判断して話しました。

将来的にはどうするのか聞かれたけれど、こればっかりはわからない。

バツイチの彼は、もう結婚はしない。みたいなこと言ってたし、私も子供を作る年齢でもないので、焦る必要もないし…

まぁ、なるようになるんじゃないかと思ってる。

親には申し訳ないけどね。


ただ、付き合うときに同棲はしない。と言っていたくせに、メダカの卵とともに転がりこんできて、なし崩し的に同棲している現在。

ウチの兄の仕事と同業なので、接点がありそう…早速昨日、接点を作って来たのだが…

彼は自分で自分のクビを締めてるような…

そして私は外堀を埋められてるような、そんな気がしてなりません。