ひとりごと

アラフォーからアラフィフへ片足突っ込んだ独身40女。
未だ1人で生きて行くことに腹をくくれないこじらせ女のひとりごと。

ほけんの窓口〜2回目〜

今日はほけんの窓口へ2回目の訪問。

前回提案してもらった保険で契約するか?新たな保険を提案してもらうか?などなど。


いろいろ考えた結果、提案してもらった金額を減額して契約することに決めました。

ドル建の掛け金なので、毎月のレートによって金額の変動はあるし、受取りのときもその時のレートで変わるけど、金利もいいので今掛けてる保険よりもいいので、入ることに決めました。

ある程度、まとまったお金があれば一時払いで、ある程度寝かせておく方法もあるけど、それはまた後で。

契約時の確認事項を問い合わせしてもらって、また次回訪問することになりました。


今日は30分くらいで終わったのだけど、たまたま今週行った女性外来のことを話したら女性の担当者から詳しく教えてほしいと…

彼女は更年期には程遠い年齢。

PMSが酷く、何軒か婦人科を廻ってるけど、なかなか合う医者がいなくて困っているとのこと。

とりあえず、私が行った病院を教えてあげました。

どっちがお客さんかわからなくなっちゃいましたね。

と仰ってましたが、困ってるときはお互いサマなので、気にしない。

私も昔は食べられない、起きられないほど酷いときがあったので、気持ちはわかる。

少しでもお役に立てれば…