ひとりごと

アラフォーからアラフィフへ片足突っ込んだ独身40女。
未だ1人で生きて行くことに腹をくくれないこじらせ女のひとりごと。

神頼み〜戸隠編②〜

1時間ロスしたものの、無事にバスに乗車。

善光寺の周りを回って戸隠へ。

これなら、善光寺行っときゃ良かった。

と思ったが、バスの停留所に善光寺が付く停留所が多く、私の選択は正解?だった。

参道のお店が気になるが、帰りに寄ればいいか。と安易に考えていた。

神様は、そんなに甘くないってことをこの時は忘れていた。


バスはどんどん山道に入る。

自分で運転したら気持ちいいだろうなぁ。

免許取る前だったら、車酔いで吐いてるわ。

とか、いろいろ思いながら、揺られること1時間ちょっと。




奥社に到着。

参道から本殿までは徒歩40分とあったが、最初の方はなだらかな道だったので、40分なんて大袈裟な…なんて、またしても舐めたことを考えていました。

普段、歩いてることで調子に乗ってかなり早いペースで前を歩いてる人をグングン抜きながら前に進む。




隋神門をくぐるとテレビや雑誌でよく見る杉並木が目の前に広がる。。。

ここまでは良かった…そう、ここまでは…




段々傾斜がキツくなり、待ってましたとばかりに、不規則な高さの石段が体力を奪う。

標高も高いせいか、息が上がる。

ただ立っているだけなら、寒いくらいだが、歩き続けて汗だく。

額から汗が落ちる。

心の中で、戸隠の神様に謝る私。

思いの外、戸隠の神様はドSだわ。

三峯神社の神様は、見るからにドSだけど、戸隠の神様は釣るまではいい人だけど、釣った魚にエサはやらねぇ…みたいな?

そんな感じがしました。




本殿に到着し、まずは九頭龍社にお参り。




その後、奥社をお参りして二社の御朱印をいただき、バス停に戻るとバスの時間が微妙。

戸隠に来たら、やっぱ蕎麦でしょ。と蕎麦を食べる気満々だったけど、食べてたらバスが行ってしまう!

1時間に1本なので、逃すと大変。

奥社での蕎麦は諦め、ソフトクリームを食べながら中社行きのバスを待つのでした。