ひとりごと

アラフォーからアラフィフへ片足突っ込んだ独身40女。
未だ1人で生きて行くことに腹をくくれないこじらせ女のひとりごと。

8月12日

32年前の今日。

日航機が御巣鷹の尾根に墜落しました。

中1の夏でした。

翌日、部活に行く用意をしていると顧問の先生から当分の間部活は中止と電話。

市内の中学の体育館がご遺族の方達の待機所になったから。

高校の体育館は身元不明…というか部分遺体の安置所になった。

子供だった私は事故の重大さよりも夏休みの間、部活がなくなったことの方が大きくて…正直、部活がなくなってラッキー!くらいにしか思っていませんでした。

でも、今も忘れられない光景。

高校の体育館の裏に置いてあった空だと思われる柩と別の高校の前を通ったときに漂う御線香の匂いと読経の声と木魚の音。


夏休みが終わる1週間前には身元の確認も終わり、いつもの日常がやって来た。

そして、結局夏休み中に部活は復活。

子供だった私はガッカリしたのを覚えてる。


本当に子供だったな。私。

あれから32年経つけれど、今は、ただただ亡くなった方達のご冥福祈るばかりです。合掌